2,ナマ盗賊(異世界官能小説家まんころね)





「おいおい嬢ちゃん、そんな格好でなにしてるんだ?」
「げへへ、いいことしようぜ」
 じわりじわりと寄ってくる男たち。
「な、なによあんたたち! 逃げるわよころね!」
「こ、これは…盗賊って奴ッスか!? はじめて見たッス! いや、ナマ盗賊ですよナマ盗賊」
 わいわいとよろこぶころねのその反応に、ガクッ、と、その場にいた誰もが肩透かしを食らった。
「ころね、あなたまだ武器がないわ。本当は街に召喚して、武器を渡すつもりだったんだけど…とにかく、今は逃げましょう!」
 気を取り直して城壁の方を指差すエアだったが、肝心のころねは、盗賊に興味津々といった感じで、動く気配がない。
「あれッスよね、今私ピンチってやつッスよね」
「なんなんだこいつ、頭おかしいんじゃないか?」
 ピンチと自覚しながら目を輝かせているころねに、たじろぐ男もいたが、リーダーと思われる体格のいい男が、一歩ころねに近づいて笑った。
「なに、頭がおかしかろうがなんだろうが、なかなかの上玉だ。遊ばせて貰おうぜ」
「ころね、早く!」
 エアがころねの服を引っ張ると、さすがのころねも正気に戻って、逃げようとした。
「おっと、逃さねえぜ」
 が、少し遅かった。
「あわわ」
 手をひっぱられて、リーダーの男に抱き寄せられる。
「ころね!」
「おチビちゃんは後ろで黙って見てな」
 どうすることもできないエアに、男たちは笑った。
「誰がおチビちゃんよ!」
 叫んではみるが、エア自身には大した能力がないため、やはりどうすることもできない。
 ちなみに妖精界ではどうだか知らないが、エアはどう見てもおチビちゃんである。
「エア、私のことは置いといて逃げるッスよ!」
「でも…!」
「ああ、一度言ってみたかったッスこのセリフ!」
「バカなの!」
 こんな危機に陥ってもそんなことが言えるのかと、エアは頭を抱えた。

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>