月別アーカイブ: 2019年11月

5,喪失(異世界官能小説家まんころね)

「ああもう、どうだっていい! やっちまえ」  めんどくさくなったのか、頭はころね … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

4,処女(異世界官能小説家まんころね)

「関心してる場合じゃねえぞ」  一向に怯えないころねに、若干怯んではいるものの、 … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

3,お宝(異世界官能小説家まんころね)

 そんなやり取りをしている間に、ころねはさらに手を引っ張られ、押し倒されてしまっ … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

2,ナマ盗賊(異世界官能小説家まんころね)

「おいおい嬢ちゃん、そんな格好でなにしてるんだ?」 「げへへ、いいことしようぜ」 … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

1,妖精エアディアーサ(異世界官能小説家まんころね)

「あいたたた…」  おそらく飛び回っていた家具に当たったのであろう、痛む手足をさ … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

プロローグ(異世界官能小説家まんころね)

 ころねはネットで活動している、今人気の小説家だ。  小説といっても、色々ある。 … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

目次(異世界官能小説家まんころね)

プロローグ 1,妖精エアディアーサ 2,ナマ盗賊 3,お宝 4,処女 5,喪失

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

焦らさレイプ(完結)

   ここはどこだろう。  家に帰る途中で知らない男に声をかけられて、それから記 … 続きを読む

カテゴリー: 短編完結小説 | コメントする

触手に恋したエルフ姫(完結)

 見渡す限りの緑、歌うように囀る小鳥たちの声。  森の中は今日も美しい。  遠く … 続きを読む

カテゴリー: 短編完結小説 | コメントする