異世界官能小説家まんころね」カテゴリーアーカイブ

11、レベルアップ

 こうしてころねは次々を客をさばいていき、桃色宿屋の噂は真実のものとなった。   … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

【R18】10、傷ついた男たち(異世界官能小説家まんころね)

 二人目は、つい最近彼女と別れたという若い男だった。  名前はルシオ。 「オレっ … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

【R18】9、桃色宿屋201号室(仮)(異世界官能小説家まんころね)

 村の隅で、なにやら男たちが集まっていた。  若い男からちょっとお年の男まで、さ … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

【R18】8、お金を稼ぐ(異世界官能小説家まんころね)

「とにかく旅に出るわよ!――あ、そうそう、忘れるとこだったわ。これ、しばらく妊娠 … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

【R18】7、はじめの村(異世界官能小説家まんころね)

 とてもレイプされた後とは思えない食いっぷりをみせたあと――実際レイプとは言えな … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

【R18】6、助けて、これ以上は(異世界官能小説家まんころね)

「んんっ、んあっ」  エアに置いて行かれたのも気づかないくらい、ころねはペニスに … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

5,喪失(異世界官能小説家まんころね)

「ああもう、どうだっていい! やっちまえ」  めんどくさくなったのか、頭はころね … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

4,処女(異世界官能小説家まんころね)

「関心してる場合じゃねえぞ」  一向に怯えないころねに、若干怯んではいるものの、 … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

3,お宝(異世界官能小説家まんころね)

 そんなやり取りをしている間に、ころねはさらに手を引っ張られ、押し倒されてしまっ … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする

2,ナマ盗賊(異世界官能小説家まんころね)

「おいおい嬢ちゃん、そんな格好でなにしてるんだ?」 「げへへ、いいことしようぜ」 … 続きを読む

カテゴリー: 異世界官能小説家まんころね | コメントする