短編完結小説」カテゴリーアーカイブ

4、穴みっつ(完結)(工場の慰み犬バイト)

「んふ、んんんっ」  口の中をぺニスが出たり入ったりして、その度に木葉は呻いた。 … 続きを読む

カテゴリー: 工場の慰み犬バイト | コメントする

3,尻尾(工場の慰み犬バイト)

「やめて、やめて!」 「ほらほら、力抜かないと痛いよ」  突き出されたお尻の真ん … 続きを読む

カテゴリー: 工場の慰み犬バイト | コメントする

2,慰み犬(工場の慰め犬バイト)

「んん…」  なにかに引っ張られているような感じがして、目が覚めた。 「お、主役 … 続きを読む

カテゴリー: 工場の慰み犬バイト | コメントする

1,面接(工場の慰め犬バイト)

「ああ、ここもだめだったかぁ」  木葉は深い溜息をついた。  高校はなんとか卒業 … 続きを読む

カテゴリー: 工場の慰み犬バイト | コメントする

焦らさレイプ(完結)

   ここはどこだろう。  家に帰る途中で知らない男に声をかけられて、それから記 … 続きを読む

カテゴリー: 短編完結小説 | コメントする

触手に恋したエルフ姫(完結)

 見渡す限りの緑、歌うように囀る小鳥たちの声。  森の中は今日も美しい。  遠く … 続きを読む

カテゴリー: 短編完結小説 | コメントする