【時津風】はじまりのはじまり2

 風が、止んだ。
 ゆっくりと目をあけると、そこは森の中だった。
 円真まどまがいない。家の中ではない。
「円真? お母さん?」
 瑠佳るかは不安になって小声で二人を呼んだ。
 返事はない。
 太陽が落ちようとしていた。
 まだ朝だったはずなのに、瑠佳は戸惑う。
 それだけ気を失っていたのか?
 ――いや、違う。
 ここは自分の世界ではない。
 幼いながら、瑠佳はわかった。自分がとんどもないことに巻き込まれたことに。
(とにかく、休めるところを探さなきゃ)
 瑠佳はすぐに冷静になった。
 嘆いていたって、なにも始まらないのは、わかっている。
 歩き出そうとしたそのときだった。
パシュッ
 なにか鋭い矢のようなものが、瑠佳の髪をかすめて地に刺さった。
 風が、ざわっと巻き上がった。
「誰?!」
 瑠佳は構える。
 それが一体なんなのかわからなかったが、決して友好的なものではないことは確実だった。
 目を閉じる。
(どこにいるの――)
 敵がどこにいるのか知りたい。そう「想った」。
 全神経が、右上の木の上に集中する。
「そこですね!」
 カッっと目を見開いて、そちらに向かって火の魔法を放つ。
 火の玉は勢いよく、それにぶつかり、消えた。
 ――防がれた。
 煙が消えていくと、木の上に人が座っているのがわかった。
「…驚いた」
 灰色のフードと衣装を纏った男は、面白そうに笑う。
「呪文無しとは。思想魔術士ですか」
「そう、僕は思想魔術士の瑠佳。あなたは」
「私は――」
 さぁぁぁと、冷たい風が、通り過ぎていく。
「私は昨夏さっか、風の魔族です。よろしくお願いしますね、瑠佳」
「魔族? 魔族は滅びたはずじゃ」
「魔族が滅びる? 何を言っているんですか。というか、それはこっちの台詞ですよ。思想魔術士は、もういないはず」
 どういうことだろう。
 魔族がいて、思想魔術士がもう・・いない?
「ちょっと散歩のつもりが、面白いものを見つけてしまいました。瑠佳、今日は挨拶だけにしておきます」
「ちょっと待って、色々聞きたいことが――」
 自分を攻撃してきたとはいえ、話の出来る相手。
 聞きたいことが山ほどあった。
 しかし、昨夏はもうそこにはいなかった。
 心細くなった瑠佳だったが、森の先に村があるのが目に入る。
(あの村に行こう)
 重い足取りで、瑠佳は村へと向かったのだった。

カテゴリー: 時津風 | コメントする

【時津風】はじまりのはじまり1

気持ちの良い朝だった。
母が朝食を作っている間に、少し散歩をしよう。
そう思った瑠佳は、家の周りを歩いてまわった。
瑠佳るかは十歳の思想魔術士。
背は低く、くりくりと丸くて大きな目。髪は短い、金髪碧眼の男の子だった。
この時代に、珍しい魔法使い。
黒い術用のローブを、いつも纏っている。
里の人々は瑠佳を嫌った。
わからないものは、気持ちが悪い。
だから魔法使いは嫌われる。

父は昔から旅が好きで、家にいることはほとんどない。
母は、瑠佳のことを考え、人里から離れた場所に家を建てた。
まわりは何もない、木ばかりだ。

それでも瑠佳はそれでよかった。それがよかった。
自然に囲まれ、瑠佳は毎日本を読んでいた。

遠い昔の物語だ。
神がたくさんいて、いろんな種族が仲良く暮らしていた。
魔法使いもたくさんいたらしい。

「瑠佳様、瑠佳様ですね」
突如、声がした。
「誰?」
振り向くと、着物を羽織った、美しい女性が立っていた。
羽衣が、彼女を守るように揺れている。
「探しました…」
女性はふらふらと瑠佳の元へ歩いてきた。
それがあまりにも頼りなかったので、瑠佳は慌てて女性を支えて、その場に座らせた。
「あの、どちら様…大丈夫?」
「私は大丈夫です、まどま…円真まどまといいます。あの、あれ…?」
円真と名乗った女性は頭を押さえて苦しそうにしている。
「ど、どうしたの」
「あ、記憶が…」
「記憶? 思い出せないの?」
「…はい」
困って俯く円真に、瑠佳も困り果ててしまったが、しばらくして、思いついたように手を叩いた。
「うちにおいで! 僕は思想魔術士なの。君の記憶、僕がみつけてあげるよ」

思想魔術士。
術士が「想った」ことを、「現実にする」魔術士のこと。
つまり、魔法を呪文なしで使うことができるのだ。
想いの力によって、魔法の威力は異なる。
「あいつ死ねばいいのに」と思っても、それが本当に心の底から思っていなければ、死んでしまうことはない。かなりなんでもありのようで、想いの大きさによっては、なんでもできる魔法ではないということだ。

その日から瑠佳は、毎日円真の記憶を探した。
(円真の記憶、戻って欲しい――!)
強くそう願うが、なかなか魔法は発動しなかった。
しかしある日、それは起きた。
「瑠佳様! 思い出しました! 来てください、助けて下さい、私達の世界を――」
「え? それってどういう」
言い終わる前に、強い風が、二人を包んだ。

「瑠佳? 円真? 大丈夫?」
術室でものすごい音がしたので、母が慌てて駆け付けたが、そこに、二人の姿はなかった。

カテゴリー: 時津風 | コメントする

【時津風】プロローグ

本に書かれた遠い昔の話。
その頃は、神々がたくさんいて、エルフや魔族――いろんな種族がいた。
魔法が当たり前に使われていて、人々は神に守られていたという。

今は、魔法使いはほんの一握り。
神はいない。
人や動物だけが、残った。

昔、何があったのか、詳しく書かれた書物はない。
それでも瑠佳は、山のように積まれた書物を、ひたすら読んで、過去に冒険していた。

何かを、探すように――

そして彼女は訪れる。
そこからはじまる、長い長い、旅のはじまり。

カテゴリー: 時津風 | コメントする

【時津風】登場人物紹介

中二病のころ作った小説ゆえ、キャラの名前が…。
改名も考えましたが、愛着があるので、あえてそのままでいきます。
かなり読みにくいと思いますが;すみません。
【メイン登場人物】

瑠佳(るか)

外遠(とおん)

昨夏(さっか)

夜淮(やえ)

円真(まどま)

卯杜(うと)

【その他メンバー】

カテゴリー: 時津風 | コメントする

【日記】時津風書けそう

アルファポリスでも少し話した通り、学生の頃に書いていた私の処女作であり私のメイン小説といえる『時津風』、書けそうです!

見せる人がいなくなって、大人になって、色々あって書けなくなってた作品なんですが、オニオットのおかげで書ける気がしてきました。

王道ファンタジーで、完全に全年齢向けという、アルファポリス読者さんからしたら疑問符浮かべられそうなあれなんだけど、元々ファンタジー書きなんですよ! え、ほんとほんと!

もちろん書き直して書きます。

中学の頃の大学ノートの時津風は、今仕方なく読んでるけど、死にそうです。黒歴史すぎてwwwww

頑張って書き直します。

気に入ってもらえるといいなぁ…><;

カテゴリー: 日記 | コメントする

ああ、神様!

ああ神様、なぜなのでしょう。
「どうした、迷える子羊よ」
いえ私は羊などでは。
「…いや、言葉のあやというものだよ」
そうなのですか。
「それでどうしたのかね」
そうでした。
ああ神様、どうして私はこんなに皆に嫌われるのですか。
「う、うむ」
どうすれば皆に好かれるのでしょうか。
嫌われるのが怖くて、もう皆の前に出ることもできません。
「それが悪いのかもしれぬ。
もっと積極的に明るく振舞ってみてはどうだ」
ああ神様。
そんなことをしては、皆は私のことを気持ち悪いと、さらに嫌うことでしょう。
「そ、そうか」
ああ神様、なぜ私などお創りになったのですか。
私などあの方のように美しい踊りもできず、歌も綺麗ではないし、何か尊敬されることなどありません。
「他の者など気にするでない。もっと自信を持ちなされ」
自信…私に自信なんて…。
「うむ…。
あっ、他の迷える子羊が呼んでおる!!」
え? あ、ちょっと神様!

「キャーーー! ゴキブリ!!」
夕食の時刻。台所で少女が叫ぶ。
「あら! どこどこどこ?」
隣の部屋で洗濯物を片付けていた母が、声を聞いて駆けつける。
「あそこ!」
「あらほんと。お母さんに任せなさい!」
母はそう言うと、机の上にあった新聞を手にとってまるめる。
「あ、ちょっと母さんそれまだ読んでないんだが」
父のぼやきを無視して、母は部屋の隅の黒い悪魔に立ち向かった。
パシーーーーーンッ!
「お母さんさすがー!」
「あらあら、これくらいできないとお嫁にいけないわよ」
「父さんはできなくていいと思うぞ」
親子の和やかな会話を、薄れゆく意識の中で聞きながら、彼は思った。
――この世に神などいないと。

カテゴリー: SS小説 | コメントする

さかさかな

どっちが さかさ?

あなたが さかさ?

わたしが さかさ?

さかさの さかさは さかさかな?
ゆるやかな みずの ながれ、

あたたかな はるの ひざし。
やさしい せかいの なかで、

かわに すむ さかなたちも、

とても たのしそうに およいでいます。
ふつうの さかな、 ほそながい さかな、

ちいさな さかな、 おおきな さかな、

おびれの ながい、 キレイな さかな、

すなや いわと、 おなじいろの さかな。
かわの なかには、

たくさんの さかなたちが、 しあわせに くらしていました。
あるとき かわの さかなたちは、

とても ふしぎな さかなに であいました。
どんな さかなって?

それは みんなと かわらない。 ふつうの さかな。

でもね、 ほんとうに ふしぎな さかな だったのです。
ゆらゆらと ながれる かわの なかを、

その さかなは、 みんなとは さかさに およいでいます。
「ぼくらとは さかさの ところへ、 いくのかな?」
はじめ、 さかなたちは そう おもっていました。
けれど、 さかさに およぐ その さかなは、

みんなと おなじ ところへ すすんでいくのです。
さかなたちは、 おどろきました。
さかさに およぐ さかなは、 さかさに すすんでいる はずなのに、

みんなと おなじ ところへ すすむのです。
「きみは、 どうして さかさに およいでいるんだい?」

ふしぎに おもった さかなが、 さかさの さかなに ききました。

「さかさに なんて、 およいでないよ。」

さかさの さかなは そう こたえます。

そして、 ふしぎそうに いうのです。

「あなたたちが、 さかさに およいでるんじゃないの?」

それを きいた さかなたちは、 とても おどろきました。
「ふつう、 およぐときは すすむほうを みる ものだろう?

きみは さかさを みてるじゃないか。」

「なにを いってるの?

あなたたちが さかさを みてるんだよ。

ぼくの おとうさんも おかあさんも、 そんな およぎかたしない。

ぼくは、 ちゃんと およいでるよ。」

さかさの さかなは、 ゆらゆらと おびれを ゆらしながら、 いいます。
さかなたちは さかさの さかなの そのはなしに、 おもわず わらいだしました。
「こんな おかしな さかな、 はじめて みたよ。」

「さかさに およぐ かわから きたのかな?」

「ぼうや、 いえに おかえりなさいな。」
みんなは さかさの さかなを、 わらいものにします。
「ぼくは さかさになんて、 およいでないのに・・・・。」

かわいそうに・・・。

さかさの さかなは、 かなしそうに ずっとひとりで およぎました。
くにと くにの あいだにながれる、 おおきな かわがあります。

そこにすむ いきものたちは、わるい まじょに、

”さかさの まほう”を かけられていると ゆうめいです。

ふつうに およいでいるつもりでも、

じっさいは、 さかさに およいでしまっているのです。

そのかわの さかなたちは、 みんな さかさに およぐのです。
「あれ、 みてみて! あの さかな!!」

ちいさな おんなのこが、 かわの さかなを ゆびさして なにか いっています。

「ふつうに およいでるよ! いっぴきだけ、 さかさに およいでないよ!」

おんなのこが いうとおり、 さかさの かわに いっぴきだけ、

ふつうに およぐ さかながいました。

「あら、 ホント。 きっと ほかの かわから きたのね。」

おんなのこの おかあさんが、 さかさに およがない さかなをみて、

めずらしそうに そういいました。
「ぼくは さかさになんて、 およいでないのに・・・・。」

さかさの さかなは、 さかさでは なかったのです。

さかさだったのは、 やはり ほかの さかなたちだったのです。

「ぼくは さかさなのかな?」

ですが、 なんとあわれなことでしょう。

「ぼくは さかさの さかななんだ・・・。」

さかさの さかなといわれた ふつうのさかなは、

さかさの さかなたちに、 さかさの さかなと いわれつづけることになるのです・・・。
どっちが さかさ?

あなたが さかさ?

わたしが さかさ?

さかさの さかさは さかさかな?

カテゴリー: 童話 | コメントする

私の中を、空っぽにする人(完結)

 ああ、今日もあの人は来るかしら。
 私の中を、空っぽにする人。

 私はいつもここで待ってる。

 毎日、いろんな人が、私をいっぱいにしてくれるわ。
 私は人気者なのよ。

 私の中は、いろんな想いでいっぱい。
 いっぱいで、いっぱいで、溢れそう。

 あの人は毎日三度も、会いに来てくれる。
 不思議ね。
 あの人がくると、私はなんだか軽くなるの。

 いっぱいで、いっぱいで、溢れそうなこの体が軽くなる。
 私は真っ赤になるわ。
 嬉しくて、切なくて、熱くなるの。

 あの人がくると、体は軽くなるけど。
 不思議ね。
 なんだか心は、熱い想いで溢れてしまうわ。

「なんかこのポストやたらきれいだよね」
「あー、この前、郵便局のお兄さんが拭いてるの見たよ」

 ああ、早く来てくれないかしら。
 私はずっと、ここで待っているわ。 

カテゴリー: SS小説 | コメントする