ああ、神様!

ああ神様、なぜなのでしょう。
「どうした、迷える子羊よ」
いえ私は羊などでは。
「…いや、言葉のあやというものだよ」
そうなのですか。
「それでどうしたのかね」
そうでした。
ああ神様、どうして私はこんなに皆に嫌われるのですか。
「う、うむ」
どうすれば皆に好かれるのでしょうか。
嫌われるのが怖くて、もう皆の前に出ることもできません。
「それが悪いのかもしれぬ。
もっと積極的に明るく振舞ってみてはどうだ」
ああ神様。
そんなことをしては、皆は私のことを気持ち悪いと、さらに嫌うことでしょう。
「そ、そうか」
ああ神様、なぜ私などお創りになったのですか。
私などあの方のように美しい踊りもできず、歌も綺麗ではないし、何か尊敬されることなどありません。
「他の者など気にするでない。もっと自信を持ちなされ」
自信…私に自信なんて…。
「うむ…。
あっ、他の迷える子羊が呼んでおる!!」
え? あ、ちょっと神様!

「キャーーー! ゴキブリ!!」
夕食の時刻。台所で少女が叫ぶ。
「あら! どこどこどこ?」
隣の部屋で洗濯物を片付けていた母が、声を聞いて駆けつける。
「あそこ!」
「あらほんと。お母さんに任せなさい!」
母はそう言うと、机の上にあった新聞を手にとってまるめる。
「あ、ちょっと母さんそれまだ読んでないんだが」
父のぼやきを無視して、母は部屋の隅の黒い悪魔に立ち向かった。
パシーーーーーンッ!
「お母さんさすがー!」
「あらあら、これくらいできないとお嫁にいけないわよ」
「父さんはできなくていいと思うぞ」
親子の和やかな会話を、薄れゆく意識の中で聞きながら、彼は思った。
――この世に神などいないと。

カテゴリー: SS小説 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>