私の中を、空っぽにする人(完結)

 ああ、今日もあの人は来るかしら。
 私の中を、空っぽにする人。

 私はいつもここで待ってる。

 毎日、いろんな人が、私をいっぱいにしてくれるわ。
 私は人気者なのよ。

 私の中は、いろんな想いでいっぱい。
 いっぱいで、いっぱいで、溢れそう。

 あの人は毎日三度も、会いに来てくれる。
 不思議ね。
 あの人がくると、私はなんだか軽くなるの。

 いっぱいで、いっぱいで、溢れそうなこの体が軽くなる。
 私は真っ赤になるわ。
 嬉しくて、切なくて、熱くなるの。

 あの人がくると、体は軽くなるけど。
 不思議ね。
 なんだか心は、熱い想いで溢れてしまうわ。

「なんかこのポストやたらきれいだよね」
「あー、この前、郵便局のお兄さんが拭いてるの見たよ」

 ああ、早く来てくれないかしら。
 私はずっと、ここで待っているわ。 

Posted in SS小説 | Leave a comment