鬱のときは、鬱々しよう

うつのときは仕方ない。鬱々しよう。
自分から鬱にならないのは大事。
それでも鬱のときは、薬を飲んで、寝よう。
起きたらすっきりしてたりするもんだ。

辛い、でも大丈夫、時間がたてば、必ずまたよくなる。長く鬱やってて、そう思えるようになった。

まぁ、私は躁鬱だからかもしれないけどね。

鬱になっても、しばらくすると、スイッチが切り替わったように、元気になる。

鬱のとき、死にたい、もうだめだ、こんな何もできずに無駄な時間を過ごすのはいやだ、でもなにもできない。

それでも、大体1日もたたずに、または薬を飲んで寝たら、元気(躁ともいえる)になってる。

 

それを10年も繰り返していたら、さすがにわかった。

鬱になっても、心のどこかで、「時間がたてばまた元気になる」って思うようになった。

私はだいぶ躁鬱がよくなってるかもしれない?

 

最初の頃主治医は「鬱は治りますよ」と言っていたが、何年もたって、私が「そろそろ治したい」と言ったら、「治すというより、うまく付き合っていくしかない」と言われた。

軽いうつ病の人は、本当に完全に治すことができると思います。

でも、躁鬱は再発率がとても高い。

だから治すんじゃなくて、うまく付き合うこと。これはADHDとかも一緒。

発達障害や知的障害はなおさら。だって治らないから。

「時間がたてばよくなるから、今は少し鬱々して休もう、仕方ないんだ」って思うってのが、私にとっての、躁鬱の付き合い方かなって思う。もうそういうもんだって思うしかない。

 

ADHDは…なんか半ば諦めだね…。

でも、鬱と違ってADHDは自分がADHDの特性を理解するのは大事だと思います。

よく鬱の人は鬱コミュを作りたがるけど、やめた方がいいです。鬱のことを調べない方がいいです。

ああ、鬱ってこんなにしんどい病気なんだ・・・って、自分がひどい病気だと思って鬱悪化する。鬱とかに関しては、自分じゃなくて、家族が勉強すべきです。

 

でもADHDは、自分のことを知るのは大事だと思う。

ADHDの人は、自分がADHDと知ってから、「私のせいじゃなかったんだ、障害のせいだったんだ」って、ほっとします。私もそうだった。

で、障害を知ることでいろんなことを対策できる。

自分を障害と気づいてない人をみると、本当に大変だな、って思う。

私も障害発覚したのが遅かったから、本当にそう思う。

でも他人に「あなたは障害者だと思う。病院に行った方がいい」なんて言えないから。

障害のことをもっと世間に広めないとなと思います。そしたらきっと、自分で気づくから。

Posted in 闘病日記 | Leave a comment

死ぬなら、死ぬ気でやってみよう

メンタリストのDaiGoも、いじめられっこだったけど反撃したらいじめられなくなって、強くなった。

知識、強さ、金。
お金も大事な人も突然なくなるかもしれないけど、手に入れた知識だけは、なくならない。筋肉もね。

だから強くなろう。
筋トレしよう。勉強しよう。

 

一山あてたすごい人は、皆言う。

もし今お金が0円になっても、知識があれば、またお金を稼ぐことはできる。

 

なるほどね、って思った。

知識はどうやっても人に奪われる物ではない。記憶喪失にでもならない限り。

だからいっぱい本を読もうと思ったのです。

 

ダイエットしたのも、誰にもとられない筋肉って力と、自信を手に入れるためだった。

それに関しては、今だめだめです。

30キロ痩せたのが、もう戻ってしまって、今多分病気になりかけてる。

また、頑張ろうかな。

 

力と知識を手に入れて、幸せになりたいね!

 

死にたいって思うことは今でも何度もある。

けど私には死ぬ勇気がない。きっとまだそこまで追い詰められてもいないのだろう。

長い間考えて、死ぬより、生きて寿命で死ぬ方が楽だと思った。しんどい人生でも。それだけ自殺することが怖い。

じゃあ、どうせ死のうと思ってるんだから、頑張ってその結果死んでもいいじゃん、むしろ本望じゃん。死ぬ気で頑張ってみよう?って言われたのは、いつだったかな。

どこかのブログでも、自殺しようとして屋上に立って、「どうせ死ぬなら、一度死ぬ気で働いてみようかな」って思って、死ぬ気で働いたらめっちゃ稼いで、人生やりなおせたって話があった。

死ぬのを覚悟したのなら、どんな恥をかいても、どんな失敗をしてもいいと、思えた。だってどうせ死ぬのだから。

 

死にたいって思った人は、一度、「もう死ぬから何してもいいや」って考えてみるのはどうだろう。

意外に、今までできなかったことが、できるようになるかもしれない!

もちろん、犯罪はしちゃだめだけどね。

 

Posted in 闘病日記 | Leave a comment

音楽やテレビの音が嫌いな人

「音楽嫌いな人っていないよね」みたいな話があったのだけど、音楽嫌いな人はいる。

単に嫌いって人もいれば、聴覚過敏で嫌いって人もいると思います。

私も調子のいいときは好きな音楽聞いて気分よくなるのですが、なんかふっと、「ああ、うるさい!!」ってなって止めちゃうことが本当に多いです。

特にテレビや動画が流れ続けているのは、苦痛です。

切ります。

 

音が嫌いっていうもあるし、「自分で操れない時間が流れてる」のがいやかもしれない。例えば本なら、自分の速さで読めるけど、テレビはテレビの速さで時間が流れる。とんでもなく苦痛である。

自分の時間をとられるのが嫌いなのだろうね。だからリアルでの人との交流は嫌いだ。

ネトゲとかは画面の外側で好きなことできるから大丈夫なのであるw

 

ADHDとテレビは相性悪いって聞きます。

とにかく気が散って集中できない。あとテレビが流れてるときに話しかけられると、二重に声が入ってくるからです。

テレビ「今日は大阪の道頓堀にタコ焼きを食べにやってまいりました!」

オニオット「ごはんなに作るの、お腹すいた。買い物はいったっけ?」

こう聞こえる→「今日は作るのタコ焼きを買い物やってまいりました」

私「は?」

 

テレビだけじゃない、複数の人間がしゃべると、同じことがおこる。

テレビつけてる状態で怒られるとき、テレビの方に意識がいって会話がまったく入ってこない。それでさらに怒られる。

 

なので、家族の方は、大事な話をするときは、テレビとかは切ってあげてくださいね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

もっと詳しいプロフィール

PNは20年使っているため、本名より本名していると言える。
エロも書いているし、病気のことやハンドメイドは別名でするべきか死ぬほど悩んだが、堂々とやることにした。小説読んでくれてる人が、ハンドメイド作品を買ってくれたら嬉しいし、ハンドメイド作品買ってくれた人が、小説に興味をもってくれたら嬉しいし、心の病気の人が、他のコンテンツで息抜きしてくれたら嬉しいと思ったから!

仲良しの旦那がいる。
彼もまたオタクで創作者なので、よく一緒にネタを練って楽しんでいる。
PNは酉飼大箸(とりかいおおはし)。
私は愛を込めて、オニオット(鬼夫)と呼ぶことにする。

料理嫌い。作りたくない。

漫画は意外にあまり読まない。アニメ派かもしれない。
オンラインゲームが好き。マビノギ、FF14、PSO2、モンハン各種。
とくにMHFはネカフェ難民になるほどハマり、人生を狂わされたが後悔はしていない。

好きな作家は小野不由美先生、神坂一先生、最近は純文学も読むようになったので、江戸川乱歩も好き。

ホラー、ギャグ、ファンタジーが好き。
昔はBLもよく読んだのでBLには理解がある。どちらかというとショタである。
今は女の子の方が好き。(やばい人)

頭は悪い。とても悪い。
高校は行くのをやめたし、赤点ばかりだった。
そりゃあ、授業中はずっと小説を書いていたからな。
「歴史の小説を書くなら、歴史を勉強しなくてはいけないんだぞ」
って言ってた担任の言葉をちゃんと聞けばよかった。

1年半ほどで30キロダイエットしたことがある。死んだ。
だが過食がひどいので順調に戻っていっている/(^o^)\。

躁鬱でADHDでB型の特性上、多趣味で、いろんなことがしたくて、いろんなブログを書いて、それが収入になればいいなと思って頑張ってます。
よかったら、応援よろしくお願いします!

Posted in ご案内 | Leave a comment

ご案内

はじめまして、貝鳴みづす(カイナミヅス)といいます。

メインはhttp://mizusu.com/で、小説書いてます。

https://twitter.com/kainamizusuがツイッターです、よかったらよろしくです!

 

躁鬱歴14年、ADHDは発覚したのが去年です。

闘病ブログとして、また、同じ病気で苦しんでる人や、その家族など、少しでも情報を出していけたらと思います。

専門家じゃないので間違った情報もあるかもしれません。そこはご了承ください。あくまで個人の考えとして見て下さいです。

 

本当は順を追って書いていった方がいいのはわかるんだけど、めんどいので、気分で書いていきます。

ではどうぞ、よろしくおねがいします!!

Posted in ご案内 | Leave a comment